So-net無料ブログ作成

和装人形展より(すでに終了) [貸しギャラリー ヴェガ]

CIMG0130.JPGCIMG0129.JPG
                  吉田喜美枝さん作         蛇の目2体
 蛇の目傘、ご存知ですか。和風のかさです。竹で骨と真ん中の支柱が作られており、それに和紙に油をしみこませた物を膠(にかわ)で貼りつけて作られています。うふっ。店主の家には戸口の内側の上にいつもかけられておりましたぞ。店主が刈り上げおかっぱの4,5歳ころまで。大きくて重くて、持つのは大変でしたが、雨がパラパラと油紙にあたるのを、おもしろく感じたことを思い出します。人形が持っているのは女性用の骨が細い物だとおもいます。同じころ、和歌山のぶらくり町という商店街で、じいさまに紫色の蛇の目をねだったら、じいさま遊びすぎてかお金がなく、買ってやれなくてつらかったと後でばあ様に話していたとか。以上店主の蛇の目の思いで。
この和装人形展は、過ぎ去りし幼いころをたくさん思い出させてくれました。


スウエーデンカフェ・Fågel Blå (フォーゲル・ブロー) [貸しギャラリー ヴェガ]

 急に暑くなったら、カフェは大賑わいでした。午後には予約もあってその方たちは2000円のコースをお召し上がりでした。こんなんです。
CIMG9998.JPG
 ミートボール(ショットブッラル)のリンゴベリージャム添えと野菜サラダ。そして
CIMG9999.JPG
 名前がロマンチックなのですが、○○○○(カタカナ4文字人の名前みたい)の誘惑という料理。(メモったのにどこかへいってしまった)玉ねぎとジャガイモとアンチョビとクリームのグラタンです。これはおいしかった!
デザートはアイスクリームのアーモンド添え。あとは紅茶化コーヒーです。一度お試しあれ。予約がいります。
今日は夕方まで忙しかったようです。暑かったので、皆さん一休みしたかったのでしょう。
 それから、マスターのイェスペルさんの背の高さは181センチだそうです。フオーゲルブローの看板の鳥みたいに細お~いので、縦に長く見えて、もっと高いと思っていました。店主の友人で184センチの人はぶっといので、低く見えます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。